リンパがたまってむくむリンパ浮腫とは一体・・・

リンパ管は心臓から動脈、心臓へともどっていく静脈とは
異なった経路で体内を循環しています。

 

リンパ管は皮膚の下に存在するリンパ抹消細管から始まり、
体の内側に行くにしたがって、

 

  • リンパ毛細管
  • 前集合管
  • 集合リンパ管

 

とその管がどんどん太く大きくなっていくのです。

 

 

リンパ管は血液が流れる毛細血管から漏れ出した水分を
吸収してリンパ管に取り入れ、体の内側にいくほど
太くなるリンパ管に体液を運んでいるのです。

 

むくみの症状の一つにリンパ管、リンパ液が原因となる
リンパ浮腫というものがあります。

 

このリンパ浮腫は、リンパの流れが滞ることで生じる症状です。
例えば、手術やケガなどで体の一部を切除したりすると同時に
リンパ管も切除されてしまい、リンパ液がリンパ抹消などにたまってむくみ
の症状が発生してしまうのです。

 

さらに、

 

リンパは血管とは異なり、自動運動機能があります。
例えば、心臓から送られる動脈ですと、その動脈が途中で
完全に切断されてしまうと、その先の血管には血液は供給されないのですが、

 

リンパ管は末端のリンパ抹消が絶えず体液を吸収、回収
するという性質があるのです。

 

そのため、

 

全集合体、集合リンパ管といった太いリンパ管が
機能していなくても、絶えず体液を吸収してしまいます。

 

リンパ抹消から吸収された水分はどんどんその量を増すのですが、
通常流れる先の太いリンパ管が機能していなければ、
リンパ抹消にたまった体液は行き場をなくして膨張してしまい、

リンパ管の許容をオーバーした体液は再びリンパ管から
外へ漏れ出してしまうのです。

 

こういったリンパ管の流れが滞ることによるむくみの症状が
リンパ浮腫と呼ばれる症状です。

※辛い運動や食事制限は不要!●●と●●●でむくみは治る!