月経前のむくみは、ビタミンB6とコエンザイムQ10で緩和できる!

月経前になると女性ホルモンのバランスがくずれるもの。
月経前のむくみでお悩みの人も多いことと思います。

 

月経の1週間から10日前になると、
女性ホルモンのプロゲステロンという物質が分泌されるようになります。

 

プロゲステロンは、女性の体を妊娠しやすくするために
分泌される女性ホルモンで、体の中に水分をためこもうと
する働きがあります。

 

月経前にむくみやすくなるのはプロゲステロンの影響によるものです。
さらに、このプロゲステロンが上昇すると体内で様々な不調を
引き起こしてしまうのです。

 

その例を挙げると、

体の異変

肌荒れ、腹痛、関節痛、疲れがたまる、めまい、便秘、腰痛、
頭痛、胸の張り、肩こり、ニキビ

メンタルの異変

不眠、不安、イライライ、脱力感、落ち込み、集中力の低下

 

このように体と心に様々な異変を引き起こしてしまうのです。

 

この時期はなぜか食欲が上昇する時期でもありますが、
ここで塩分を多くふくむ食べものに走ってしまうと、
ナトリウムを摂取することによってさらにむくみやすくなってしまいます。

 

この時期の食事はなるべく塩分を含まない食事を心がけること。
さらに、崩れたホルモンバランスを整えるために、

 

 ビタミンB6

 

を摂取すると傾いたホルモンバランスを元に戻す働きがあります。
ビタミンB6は、卵胞ホルモンであるエストロゲンを生成する働きがあります。

 

ビタミンB6を摂取することで、相対的に崩れた
エストロゲンとプロゲステロンのバランスを戻すことができます。

 

そして、もうひとつ効果的なのが、

 

 コエンザイムQ10

 

プロゲステロンの影響で月経前にむくみやすくなると、
当然、むくみによって細胞の新陳代謝が低下します。

 

コエンザイムQ10は、細胞の新陳代謝を助ける働きがあり、
低下した新陳代謝を活性化してむくみを緩和する働きがあります。

 

月経前のむくみでお悩みならこれらの成分が含まれている
サプリメントを使用するのも効果的ですよ!

※辛い運動や食事制限は不要!●●と●●●でむくみは治る!