むくみの原因の一つが甲状腺機能低下症|心配な人は血液検査を!

むくみの原因に甲状腺機能低下症という病気があります。
むくみでお悩みの人で、以下の症状がある人はその可能性があります。

 

  • 食欲が低下した
  • 食欲が低下するのに体重が増加した
  • 脱毛症
  • 生理不全

 

甲状腺はちょうどのどぼとけの下に位置し、
蝶のような形をしています。

 

甲状腺からは甲状腺ホルモンとよばれるホルモン物質が
分泌されています。

 

 

甲状腺ホルモンは、体じゅうの細胞の新陳代謝を促進する
働き、内臓、脳の発達を促す働きがあります。

 

この甲状腺ホルモンの機能に異常をきたし、
ホルモン分泌が減少する症状が甲状腺機能低下症です。

 

甲状腺の機能が低下すると、ムコ多糖類とよばれる
糖の一種が体内で増加してしまいます。

 

このムコ多糖類が皮膚の内側の皮下組織に沈着し、
むくみの症状を引き起こすのです。

 

むくみの症状がでる箇所は主に以下の3箇所です。

 

1.甲状腺が存在する箇所(のどぼとけの下)
2.足のふくらはぎの
3.まぶた

 

甲状腺の機能が低下し、甲状腺ホルモンの分泌が低下するのが、
甲状腺機能低下症ですが、逆に甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる
症状が甲状腺亢進性です。

 

甲状腺亢進性もむくみの症状を引き起こします。

 

甲状腺の病気によるむくみは食事やサプリメントでは
改善するものではありません。

 

心配な方は一度医療機関で血液検査などの検査を受けたほうがいいですよ!

※辛い運動や食事制限は不要!●●と●●●でむくみは治る!