LDLコレステロールとむくみの関係・・・

コレステロール値は、高いほど病気への危険性が増加すると考えられがちです。
たしかに、コレステロール値が高ければ、動脈硬化の引き金になりやすいですが、
一方のLDLコレステロール値が低いことも健康上の問題が出てきます。

 

 

 

コレステロール値もバランスが大切なのです。
LDLコレステロールの値が高くなると、動脈硬化を起こしやすく、
冠動脈疾患の危険性が高まります。

 

冠動脈疾患になると、生活習慣から食生活まで一変しますので、
LDLコレステロール値を低くするための情報の方が多いのは事実です。

 

しかし、「LDLコレステロール値が低いと死亡率の可能性が高くなる」
「LDLコレステロール値が低いとがんの発症率が高くなる」という情報さえあります。

 

また、LDLコレステロール値が低いと、血管が破れやすくなる、免疫力が低下する、
貧血を起こしやすくなる、セロトニンが減少してうつ状態になりやすいともいわれています。

 

コレステロールとは、体にとってどういったものなのでしょうか。

 

コレステロールとは、細胞膜を作ったり、ホルモン分泌に関わったりする栄養素です。
体になくてはならない栄養素なのです。

 

これが低くては、体が機能しません。
低栄養になると、コレステロール値も低くなりますので、これはよくありません。

 

LDLコレステロール値が低い時は、大体アルブミン値も低いのです。
アルブミン値が低いと、浸透圧の影響によって血管から水分がしみ出して、
むくみが起きてしまいます。

 

ですので、コレステロールは体にとって悪いものではありません。
なくてはならないものでありながら、多くあると体に悪い影響を与え、
少ないとまた体がうまく機能しません。

 

体内の血中のコレステロールの濃度が高くなる結果、血管の血液量の循環が悪くなり、
臓器内、特に排泄器官である腎臓での水分の排出が邪魔されることにより、
顔・足のむくみが生じるのです。

 

これを防止する方法としては、やはり健康的な生活習慣の見直し、
食生活の改善が最も近いとします。
喫煙、過度の飲酒や脂肪のとり過ぎもやはりよく指摘されることですが、
これらは、コレステロール値を上げる原因となります。

 

予防改善では、野菜の摂取を聞きますが、やはり動物性たんぱく質の
とり過ぎを防止するためにも野菜を沢山とれるような食生活を心がけ、
適度な運動が必要でしょう。

 

動脈硬化の前の血栓症予備軍と診断されたのであれば、
医療機関で投薬が必要となりますので、病院にかかることをおすすめします。

※辛い運動や食事制限は不要!●●と●●●でむくみは治る!