お酒を飲んだ次の日に顔がむくんでしまう原因をお伝えします。

お酒を飲んだ次の日、朝起きると目は腫れぼったく
顔がパンパンにむくんでいた・・・

 

そんな経験をしたことがある人もいることでしょう。

 

お酒を飲んだ次の日にむくみの症状がでてしまう原因
についてお伝えします。

 

飲んでいるときってやけにトイレの回数が多くなりますよね。
アルコールには利尿作用があり、必要以上に尿量が多くなるのです。

 

 

アルコールで水分を摂取しているように思いがちですが、
アルコールの利尿作用により、尿として必要以上の水分を
尿として排出しているのです。

 

なので、アルコールを飲んでいるときというのは体が
脱水症状の状態になっているのです。

 

だから、飲み会を終えて自宅に帰宅するとやけに
喉が渇いてしまいますよね。

 

普段は一気に飲むことがないような量の水や
炭酸飲料を一気にガブガブ飲んでしまうんですよね。

 

お酒の酔いがまわっていれば脳もアルコールによって
軽いマヒ状態になっているので必要以上の水分をとって
しまうのです。

 

そして、

 

飲み会から帰宅した後というのは、疲れきった体に
酔いが回っているため、シャワーも浴びずにそのまま
寝てしまったり、なんてこともよくあります。

 

人間が寝ているときというのは、抗利尿ホルモンが分泌され、
体内の水分をなるべく排出しない作用が働くのです。

 

つまり、

 

寝る前にガブ飲みした水分がそんまま体内にたまってしまい、
翌朝ひどいむくみ症状が現れてしまうのです。

 

それ以外にも、お酒を飲んでいるときというのは、
塩分の多いおつまみをたくさん食べるものです。

 

塩分を普段より多く摂取することで、体内のナトリウム濃度が
高まることもむくみの原因になります。

 

お分かりでしょうか?

・・・

 

お酒を飲んだ翌日にむくまないようにするためには、
脱水症状にならないように、アルコール飲料に加えて
少しづつ水を飲んで脱水症状にならないようにすること。

 

そして、なるべく塩分が多含まれているものを避けることですよ!

※辛い運動や食事制限は不要!●●と●●●でむくみは治る!